【アトピー性皮膚炎】と【刺絡】/三軒茶屋エリアの鍼灸院といえば三軒茶屋α鍼灸院

お電話でのご予約
03-6805-5351

Alfa2107_254

【アトピー性皮膚炎】と【刺絡】

鍼灸を受けに来る方の中でも「アトピー性皮膚炎」でお悩みの方はとても多いです。 鍼灸だけでなく刺絡療法もアトピーに対して効果が高くなっています!

アトピー性皮膚炎とは・・・?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。


もともと、アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

主な症状は
「湿疹」と「かゆみ」

これが繰り返し再発をし、なかなか治らないことが特徴です。

一般的には6カ月以上続くと慢性と判断します。

【アトピーの特徴】

・皮膚に「赤み」や「ブツブツ」
・乾燥して「カサカサ」
・「カサブタ」が出来る
  ↓
強いかゆみに伴い、皮膚のバリア機能が低下して
普通なら感じないような刺激でかゆみが悪化
  ↓
炎症が起きているところを搔いまう
  ↓
さらにカサブタができ、皮膚が厚くなる
 『悪化』


このようにアトピー性皮膚炎は
悪循環をたどることが多くあります。

アトピーを起こしやすい体質の人とは?

・本人または家族が、アレルギー性の病気を持っている
(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎 など)

・アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質

このような「アトピー素因」を持っている方は
アトピー性皮膚炎になりやすい体質と考えられます。

【皮膚のバリア機能】

皮膚には、体温調節や感覚器としての役割など、様々な機能を持っています。

その中でも特に重要な機能として「皮膚のバリア機能」があります!

皮膚は、皮脂膜や角質細胞などがバリアの役割を担っており、外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。


アトピー性皮膚炎では、これらの「皮膚のバリア機能」が弱まっているため、外からの異物が容易に皮膚の中まで入り込みやすい状態になっています。


元々の体質もありますが、皮膚を掻いてしまったり、汗や石けん、化粧品、紫外線などによってもバリア機能は弱まってしまいます。

アトピー性皮膚炎に対する東洋医学

アトピー性皮膚炎は東洋医学的にみると
「湿熱(しつねつ)」の病変だと考えられています。

湿熱とは
「湿」:湿気のことで水分が多くなっている状態
「熱」:熱がこもっていたり、ほてっているような状態

この2つが合わさって、イメージとしては
濡れたスポンジを電子レンジで温めたようなお身体の状態です。