自律神経ってなに??/三軒茶屋エリアの鍼灸院といえば三軒茶屋α鍼灸院

お電話でのご予約
03-6805-5351

漢方 画像_2

自律神経ってなに??

身体が重く、だるい感じがする。手足が冷える。めまいがする。体調は悪いのに原因がわからない。そのお悩み、もしかしたら自律神経の乱れが原因かもしれません。 今回は「自律神経」についてまとめてみました!

こんな経験はありませんか?

最近なんだか身体が重く、だるい感じがする。手足が冷えて、温まらない。時々めまいがする。体調は悪いのに原因がわからない。なかなか症状が良くならない。病院へ行っても異常がなく「ストレス」や「気のせいだ」と言われてしまう。

その原因のわからないお悩み、もしかしたら自律神経の乱れが原因かもしれません。
「自律神経」って名前は知っているけど、何をしているのかわからない。乱れているって結局どんなこと?と思う方が多いと思います。

今日はその自律神経が乱れる原因・症状・東洋医学的な治療についてお話していきたいと思います。

はじめに

人の体には無数の神経が存在しており、神経の働きは体を動かしたり、痛みや感覚を伝えたり、記憶をしたりと様々あります。その中でも自分の意識外で内臓の動きや代謝・体温などの一定に維持しコントロールするのが自律神経の役割です。

交感神経と副交感神経

自律神経は2つの神経からできています。

①仕事や運動をする時に心拍数や血圧を高め、精神活動を活発にする
「交感神経」
②睡眠時やリラックスしているときに働く
「副交感神経」

この2つの神経がバランスを取りながら働くことでスムーズに生活することが出来ています。

普段からお仕事や家事などで忙しく、イライラしていたりすると、交感神経が強く働きます。
交感神経の働きが強くなると心拍数や血圧が上がり、瞳孔が拡大し身体が興奮状態になり常に全身に力が入ってこわばっている状態になります。

昼間に交感神経が過剰に働きすぎる、と夜の寝る時間になっても興奮が収まらずに、なかなか寝付けない・寝付けても浅い眠りになってしまうということが多いです。

夕方から夜にかけて体を休めるときに副交感神経は働きます。副交感神経が働くと、心拍数や血圧が下がり、瞳孔も縮小し身体がリラックス状態になります。自律神経が乱れ、副交感神経が強く作用しすぎると、無気力状態や身体が重くだるくなってしまいます。

自律神経が乱れる原因

原因の多くは「ストレス」になります。

ひとえに、ストレスといっても人間関係や仕事などのストレス以外にも気温や気圧の変化・昼夜逆転の不規則な生活・怪我や交通事故など様々あり、人によってもストレスを感じる物や度合も大きく違います。

軽いストレスのうちなら比較的簡単に処理できていますが、それが重く長く続くと精神的にも肉体的にも疲労してしまい、その結果出てきた異常が症状として現れてきます。

様々なストレスにより活動するための「交感神経」とリラックスするための「副交感神経」のバランスが崩れることで心身に支障をきたします。このような状態になることを自律神経の乱れた状態といいます。

自律神経の乱れからくる症状

自律神経が乱れてしまうと、不安感や緊張・全身のだるさ・頭痛・肩こり・不眠・めまい・動悸など様々な症状が見られますが、これらの症状は人によっても異なります。最初は、このような症状が出てきます。

自律神経の乱れが強く臓器にまで影響してしまうとこのような病気にもつながります。

・胃や十二指腸に炎症が起きてしまう「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」
・腸の動きが過敏になり、緊張をすると下痢や便秘になる「過敏性腸症候群」
・ストレスにより突然浅く速い呼吸を繰り返す「過換気症候群」
・月経前に心身ともに不安定になってしまう「月経前症候群(PMS)」

ほかにも「更年期障害」、「起立性低血圧」など、一般的な検査をしても異常が見つけにくい疾患なども多くあります。

東洋医学的な治療法

東洋医学では、鍼やお灸で手足にあるツボを刺激すると、自律神経系・免疫系・内分泌系・骨格筋・神経系と身体の様々なところへ作用します。

その結果、筋緊張の緩和、血液やリンパ液の循環の改善、病気を自然に回復させる作用を高めることができます。

鍼やお灸によって身体の外側から刺激を与えることで、「体性ー内臓反射」という反射が起こり、内臓器へ反射をひきおこすことができます。この反射によって乱れた自律神経が正常に整っていきます。

自律神経の乱れによって起こっている頭痛や肩こり・めまいなどは今出ている症状のみを治療する対症療法してもなかなかよくなりません。

出ている症状の根本的な治療、つまり自律神経の乱れを整えていく治療を取り入れていくことが大切になります。

日々のストレスや生活習慣によって、自律神経が乱れていくため一回の治療で治ることはありません。今出ている症状の治療と同時に原因となっている自律神経の乱れを整える治療を行っていくことをお勧めします。

まとめ

・自律神経には働くための「交感神経」と休むための「副交感神経」があり、2つの神経がバランスよく働くことで健康を維持している。

・「交感神経」と「副交感神経」のバランスが乱れると病院では「ストレスです。」と言われてしまうような様々な症状が出てくる。

・鍼灸治療ではツボへの刺激することで起こる反射によって自律神経の乱れが整えることができる。

・出ている症状のみに対する「対症療法」ではなく、原因にあたる自律神経の治療を行うことが大切です。

さいごに

自律神経の治療は、鍼灸治療の得意とする分野です!

鍼灸治療に加えて当院では、「自律神経測定機」という測定器があります。
この機械によって交感神経と副交感神経のバランスをリアルタイムで測ることができます。

自分では気づきにくい自律神経の乱れを客観的に確認する事ができ、さらに定期的に測定器で測ることで、治療経過や症状の改善度合いを自分自身で知ることができます。
そのため「自律神経測定器」より効果的に治療を進めていくことが可能になります。

自分でも原因のわからない症状、なかなか良くならない症状でお困りの方はぜひ当院で自律神経の乱れを整えてみませんか?

自律神経のことでお悩みの方やそのほか体の不調のお悩みの方もお気軽にお問い合わせください!