うつ病問題/三軒茶屋の鍼灸院といえば三軒茶屋α鍼灸院

三軒茶屋α鍼灸院の電話番号

うつ病問題

社会問題になっているうつ病は計り知れないほど経済で損失になっています。うつ病で仕事が続けられない、失業など生活が乱れてしまうほど苦しい病気です。 三軒茶屋α鍼灸院ではうつ病を積極的に診ています。うつ症状を改善できるように治療を行っています。うつ病を改善して日本経済を支えられる存在になれるようにしたと思っております。

社会問題

うつ病は年々増加傾向にあり雇用問題、自殺問題など社会的損失が大きいことから厚生労働省はうつ病対策をすすめるようになりました。
海外に比べて日本ではうつ病を隠したがる傾向があり国が調査した結果よりも実際にかかっている人は多いとみられています。
平成8年では43万人ほどでしたが平成20年では104万に精神疾患者が増加しました。背景には医学の発展、経済、雇用など社会問題が昭和や平成初期に比べて複雑になってきたからだと思われます。

うつ病の原因は未だ解明されていないため誰しもがかかる病気と認識されています。最近ではうつ病患者に共通の遺伝子がみつかったので先天性からもなりやすさに関係しているかもしれないと考えられています。
今のところ家族、仕事、環境など社会的な要因が複数重なることで起こると考えるのが一番有力です。
ストレスを受け続ける環境の人は特になりやすいと思われます。

うつ病の問題

うつ病などの気分障害による損失は2兆7000億円と言われています。経済だけでは7700億円になります。計算は休業、生産性の低下、医療費、死亡費用など幅広い項目が入っています。
気分障害にはうつ病の気分の落ち込みや双極性障害のように落ち込みと高揚が繰り返す症状があります。働く人にとって気分障害は大きな支障になります。
雇う側も雇わられる側にとっても大きな問題です。働けなくなり休業、パフォーマンスの低下による生産性低下、欠勤など働くうえでとても大きな障害になりまうす。

日本の風潮なのかアメリカなどの海外に比べてうつ症状があっても受診しないで黙っていることが多いです。
昇進や人に迷惑と考えるのか職場や周囲に病気を隠したまま仕事を続ける人が多いです。仕事をされる方にとって病気は足かせなイメージを持っていると思います。
ですがうつ病は早期発見と早期治癒が大切で放置しておくと、どんどん重症化していき気づいたときには休業や失業に繋がり手遅れになってしまうケースがあります。

アルコール量が増えてきたら危険です。

重症化していくと不眠や体調の辛さからアルコールを摂取して寝れるように、身体の感覚を鈍感にさせるようにする方が多いです。アルコールの摂取量は徐々に増えていきその場しのぎの飲酒が翌日に響くようになりさらにアルコールを求めるといった悪循環になります。
また自殺の調査ではアルコールが増えていった人ほど危険だということが分かっています。辛さをしのぐためのアルコールですが、頼ってしまう習慣だと戻りくく悪化が進む一方です。
まずは専門医にかかり適切な治療を受けることが大切です。

有名人のうつ病

うつ病の自殺には希望が持てなくなってしまうのが原因だとそうです。有名人のようにある程度欲求を満たしてしまいさらに上を目指さない立場になると全てに無意欲になってしまい絶望に繋がるそうです。
ある程度自分自身や環境に不満を持っている方がかえってやる気や希望を持てるものです。
気分障害は自分の中で起こって外見では判断しづらいことが多いです。内面の病気は外からは分からないため抱え込むほど辛くなっていきます。
海外ではうつ病だと隠さずに周囲に話すほどオープンらしいです。悪化しないためにも周囲の認識を上げていくのも手段の一つだと思います。

まずは休養

まずは休養

身体に無理をして発症するので第一の選択はストレスがかからないように休養することです。環境からどうしても難しい場合には仕事など量を減らしてストレスがかかりにくいようにしましょう。
自然に合わせた生活リズムが良いです。朝起きて三食取って適度な運動をして夜に就寝するようなリズム望ましいです。
身体が本来持っている自然に合わせる神経があるので、休養するときは自然に合わせたリズムが一番負担が少なくなります。

鍼灸院のご案内:

うつ病の施術なら三軒茶屋α鍼灸院

三軒茶屋α鍼灸院はうつ病の施術実績が豊富な鍼灸院です。うつ病に悩まされている方は是非、一度当院サイトをチェックしてみてください。