突発性難聴の東洋医学の考え/三軒茶屋の鍼灸院といえば三軒茶屋α鍼灸院

お電話でのご予約
03-6805-5351

突発性難聴の東洋医学の考え

突発性難聴や耳鳴り、難聴など耳の症状には腎機能が関係します。 腎機能を高めることが耳の症状改善に繋がります。 東洋医学の腎について特徴や補い方を書いてみましたので、是非参考にしてみてください。

東洋医学からみた耳の症状

東洋医学では、腎の機能が弱まると耳に不調が現れると考えます。腎は、年齢を重ねると弱まっていきます。そのため高齢になって耳が悪くなるのは腎の機能低下によって起こります

腎の役割

東洋医学の腎は病院で聞く腎臓とは別物です。東洋医学の臓器には、肝、心、脾、肺、腎という臓器があります。
西洋医学の腎臓とは機能だけでなく精神と繋がりがあることや他の臓器との関係性で働くことが大きな違いです。
この東洋医学の腎は、生命の源で臓器の中でも最も大切なうちの一つです。腎は、精を蓄えて水分調整をする臓器ですが、成長、発育、ホルモン、免疫などの幅広い機能を持ちます。
腎の精は年齢とともに減っていくため腎を養生するように生活すると長く健康でいられます。

腎と耳の繋がり

耳や肛門、生殖器、尿道などと関係が深いです。腎の気が弱まると耳の不調も現れます。
老人性難聴も腎の加齢によって弱まるという特性からきています。
腎は体内の水分調整を行います。体内をめぐる水(津液)が悪くなると水毒という状態になり耳の症状が現れます。
東洋医学では、西洋医学のメニエール病は、水毒の状態と考えます。水分調整がうまくできるように調整して水毒を治療します。

肝腎同源

東洋医学の言葉で、肝腎同源というのがあります。腎は最も大切な臓器の一つですが、同じく肝も大切な臓器です。肝と腎は密接な関係で、どちらかが悪くなるともう一方も不調になりやすいです。
肝はストレスに反応する臓器で、持続的なストレスを受け続けると肝機能が弱まります。
三軒茶屋α鍼灸院では、肝も腎も悪くなると突発性難聴のような症状が現れると考えています。
治療には、腎だけではなく関連する臓器も補うように調整すると効果が現れやすいです。

西洋医学の突発性難聴

原因は不明とされています。2001年の調べでは、毎年35000人ほどがかかっているとされています。
年代では、50~60歳代が多いです。
病院での治療は、ステロイド治療がスタンダードだと思います。
予後は、三分の一が完治、三分の一が改善したものの耳鳴りや難聴が残る、三分の一が改善しないと分かれます。
年齢が若い方や内科疾患を持っていない方は、比較的予後が良いと考えられています。

東洋医学での治療方法

突発性難聴の鍼灸治療

鍼とお灸を使って全身を調整するように治療します。
耳に関連する臓器の機能を高めることと、身体全体のバランスを整えることを重視します。
肝と腎の繋がりを説明したように臓器同士のバランスや全体の巡りを重視する東洋医学は、耳だけを診ることはありません。全体の巡りが良くなり臓器が働くことで健康になるという考え方になります。

症状の原因

問診や触診などしっかりと時間をかけて症状の原因を探します。生活背景や季節なども考慮して多角的に原因を追究します。
バランスを診るポイントが身体にはいくつかあります。脈だったり舌だったりと情報を集めて治療方針をたてます。
これが東洋医学の症状の見方になります。
そのため病院のように機械を使って検査数値を出さないので客観性に欠けてしまいますが、幅広い症状に対応できるは東洋医学の強みになります。

東洋医学独自の見方

よく鍼灸院には、病院で治らなかったから来院しましたと言われることが多いです。
他にも薬を使いたくない、身体を診てくれないといった話をされます。
西洋医学と違い直接身体を診ることや季節、年齢など東洋医学独自の考え方があります。
現代医学で原因不明とされるものは一方向から見た症状で、他方向から見ると原因が明らかな場合もあります。

東洋医学の臓器は精神とも関係します!

突発性難聴は、精神的ストレスも大きく関係すると言われています。精神ストレスがかかり続けると血流の流れが悪くなり耳の機能低下を引き起こしているのではと考えています。
東洋医学では、精神と臓器は繋がっているという考えがあります。現代医学では、精神的ストレスが絡むと複雑で治すのが難しいとされていますが、東洋医学では、昔から精神が病に関係すると考えています。
精神も含めて健康であることを昔から試行錯誤のもと完成した東洋医学は、現代に多い精神疾患にも対応できると思います。

医食同源

食べ物から病気を予防して治療しましょうという考えです。食べ物も医療と同じで重要であるということです。
食べ物から身体を治すには、腎を補ってあげる食物が大切です。
東洋医学では、各臓器にあった食物があります。あった食物を摂取することで、臓器を養ってあげられます。
腎に合う食物
・黒いもの
黒豆や黒ゴマ、きくらげといった黒いものを食べると腎に良いです。
・鹹味のもの
鹹味とは塩辛い味です。海苔や昆布といった海藻類がお勧めです。塩分の取りすぎは注意したいので、他の食事とのバランスが必要です。
・粘っこいもの
山芋や銀杏、もち米、納豆などが良いです。

全てはバランスのため極端に食べ過ぎてもよくありません。他の食事内容を考えて摂取すると腎機能が高まります。