自律神経の乱れを鍼灸治療で整えましょう/三軒茶屋の鍼灸院といえば三軒茶屋α鍼灸院

お電話でのご予約
03-6805-5351

自律神経の乱れを鍼灸治療で整えましょう

自律神経の乱れ方を知って予防しましょう。自律神経の乱れは、全身の症状として現れるため原因を突き止めるのが難しいです。生活習慣や不規則な食生活、強いストレスから起こります。 自律神経は、鍼灸治療と相性がとても良いです。三軒茶屋α鍼灸院は自律神経を専門に治療しています。

自律神経の乱れを鍼灸治療で整えましょう!

【東洋医学から見た肩こり体質とは?】

現代に多い自律神経失調症
最近、自律神経という言葉が広く認知されてきています。
健康ブームで自律神経を整える重要性を連日テレビ番組で流されていることや本屋いっても必ずと言っていいほど自律神経にかかわる本がおいてあります。

年齢を重ねるほど健康に対する欲が高くなります。いくら幸せな毎日でも身体が不健康になると一気に辛くなります。それほど身体の健康は大切です。

それほど自律神経失調症のような不定愁訴に悩んでいる人が多いです。

自律神経の乱れは、検査などには引っかからないため病院で診断してもらうことが難しい症状です。
自律神経の乱れは、全身に現れるため特有の症状がありません。不定愁訴が主訴になるので、症状が出たり出なかったり、全身のあちこちに現れれます。


現代医学では、原因不明や説明がつかない症状に対して自律神経の乱れや精神疾患と結論付けられることがあります。
患者さんは整形外科や内科、婦人科と何件も回って結局特効薬がないため、精神科で抗不安薬や抗うつ剤などを勧められる話はよく聞きます。

前回のコラム【現代医学が苦手な肩こりの治し方とは?(part2)】では、肩こりが改善しなかったり、再発してしまうのは、局所の首や肩周りの治療しか行われないからである事をお伝えしました。

なぜ肩こりになるのか、それを全身の状態から探っていき、改善して行くことが肩こりの根本的治療には必要不可欠です。
そしてその根本的治療、引いては全身の状態を把握し治療していく事は、現代医学では苦手である事をお伝えしました。

そこで視点を変えて東洋医学的に見ていくと、肩こりが起こる背景と体質が見えてきます。
主に「気滞」「瘀血」「痰湿」「血虚」「寒湿外邪」の5つの体質が肩こりに関わってきますが、そのうち「気滞」「瘀血」については前回のコラムでお伝えしていますので、そちらも合わせて見てみて下さい。

さて今回は残りの「痰湿」「血虚」「寒湿外邪」についてお伝えして行きたいと思います。

自律神経の特徴は症状が幅広いです

【痰湿(たんしつ)と肩こり】

幅広い症状で、出ては消えるため一定の期間に複数の症状が出続けると自律神経の乱れを疑います。


東洋医学に自律神経という言葉はありませんが、ほとんど同じような考え方は持っています。
気や血、津液が身体をめぐり五臓六腑が働くと身体は健康でいられるという考えは、自然に対していかに怪我や病気にかからないかを考えてきた医学になります。

長年人々の生活を支えてきた治療法は、完全に解明することよりも推測して治療することで成果を上げてきました。
東洋医学は、昔から試行錯誤を繰り返し、より効果のある治療法が集約されて完成しました。

完全に解明しないと西洋医学から弱点のように言われますが、実際には効率よく治療方法の確立がなされてきたという方が合っています。

体内では気や血以外に水分も巡っています。この水分はちゃんと流れているとサラサラとしていますが、滞ってしまうとネバネバしたものに変化してしまいます。
このように水分が滞ってネバネバしたものが痰湿です。
痰湿が出来てしまう原因は、過剰な水分が体内にあるからです。つまり食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足が重なると痰湿を生み出してしまいます。
痰湿は気の流れをせき止めてしまうため、結果として気滞が起こり肩こりが生じます。
痰湿はネバネバしているため、しつこく肩に居座るため、症状が長引く傾向にあります。

痰湿による肩こりの特徴は、餅のようにもっちり感があり、突っ張ると言うより重だるく鈍い痛みが出ます。
揉んでる時は良くても、止めるとすぐに戻ってしまいます。

東洋医学は、現代病に合った治療方法

現代社会に多くなってきている心の症状は、身体の不調と心の不調が複雑に絡んでいるため一つの医療で対応しきれなくなっています。

複雑で幅広い症状にこそ東洋医学は効果的です。全身を診て、バランスを考え、個人の体質から最適な治療方法を考える東洋医学は、幅広く対応できます。
鍼灸治療は、副作用がないため安心して受けることができます。身体の持っている自然治癒力を最大限に上げることを目的にするため、他の医療を邪魔することなく治療できます。

特に自律神経を整えることに向いていると思います。自然から生まれた医学は、自然に対応する自律神経と相性が良いです。
身体の反応点を使って効率良く体内を整えられるのが鍼灸です。交感神経と副交感神経が反応する経穴を使ってうまくコントロールする治療が鍼灸治療です。
治療が終わる頃にはリラックスや温まるのを実感していただけると思います。

鍼灸治療

昔は、滅菌して使いまわしの鍼が多かったのですが、最近は完全使い捨ての鍼を使用するところがほとんどです。折針などの事故や、衛生面から考えても使い捨てのほうが安心のためです。
お灸も昔は火傷させるぐらい治療もありました、今は心地よいぐらいか少し熱いぐらいのやり方になってきました。
伝統療法に分類されることもあるのですが、研究が進むのと衛生面からほとんどの鍼灸院は安全に治療を行うようになりました。

鍼のイメージが痛そう、熱そうと思われがちですが、三軒茶屋α鍼灸院ではリラックスできるように心地よい治療を行うよう心がけています。
それは、副交感神経が優位にすることを目的として、全身の血流を良くして回復力が上げるためです。
身体の自然治癒力を最大限に上げることを目的にするため、なるべく痛みが少ないようにしています。

必要な痛み刺激は行うのですが、身体の悪い場所は強い刺激でも心地よく感じることが多いです。
手当という言葉あるように、人の身体は必要な刺激量だと不快な感覚よりも心地よく感じることが多いです。
テーピングなども負傷していると強く引っ付きますが、治ると同時に身体が不快に思うと汗腺からゴミをだしてはがれやすくします。

誰しも予防注射で痛い想いをしたことがあると思いますが、注射針に比べて鍼灸の鍼はかなり小さいです。注射は薬を入れることや血を抜くことを目的として管になっているため太い針になります。鍼灸は、刺入を目的に作られているため先端が鋭利で抵抗が少なく入ります。
受ける方のほとんどが思ったよりも痛くないと言われます。

治療間隔

始めは一週間に一度のペースをお勧めします。一週間前後までは治療効果が残っていることが多いです。
ですが、多忙で重度な症状をお持ちの方は、日頃の生活で悪くなっていくことが多いので、そのような方には、一週間に2~3回と治療機会を多くすることを勧めています。
理想は、症状改善具合で間隔を空けていき、症状がでなくなって三か月ぐらい経てば完治とします。
季節の変わり目や大体三か月に一度は身体が乱れるので、乱れる時期も出なければ治ったと判断します。

良い生活習慣

治療だけでは、改善が難しいことがあります。生活習慣が悪いと治る治療を行っても、それ以上に悪くなるので、改善しないどころか悪化する場合もあります。
初めの問診時に生活習慣までお聞きして、症状が改善するようにアドバイスさせていただきます。
・寝る三時間前にご飯を済ませる。
寝ている間に身体は回復します。寝ている間に内臓が働きすぎると回復が悪くなります。
・朝はコップ一杯の水でお昼前に食事を取るのがベストです。
身体が起きるまえからたくさんの朝食を取るよりも徐々に起こしてから食事すると良いです。
・週三回の有酸素運動
ジョギングよりもウォーキングがお勧めです。負荷が大きいと身体に疲れが溜まり回復しにくくなります。約40分ぐらいのウォーキングが身体の循環が良くなるのでお勧めです。
・ストレス源を見つける
ストレスは回避することが一番です。自分では感じにくいストレスを特定して回避すると良いです。
・治療期間は徹底して身体を休める
仕事が忙しい方は難しいですが、やはり休養が一番です。なるべく身体の負担を減らして回復に努めましょう。
・嫌なことは止めて、好きなことをしましょう
気持ちが影響しやすいです。少しでも嫌なことは避けて、好き勝手やるようにすると身体が楽になります。

三軒茶屋α鍼灸院

三軒茶屋駅徒歩三分と駅近になります。
三軒茶屋駅の北口Aから出て頂いて茶沢通りを下北沢方面に行きます。
大きなスーパーのセイユウが見えてきますので手前の角を左曲がると三軒茶屋α鍼灸院の入っている黒いビルに着きます。

三軒茶屋α鍼灸院は六階ですが一階には大きな赤い提灯が飾ってある「居酒屋ばん」が目印になります。

また三軒茶屋駅近辺が分かりづらいようでしたらお電話を頂けたら案内をさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。