逆流性食道炎でお悩みの方へ/三軒茶屋エリアの鍼灸院といえば三茶はりきゅう院

お電話でのご予約
03-6805-5351

逆流性食道炎でお悩みの方へ

逆流性食道炎でお悩みの方にお勧めのコラムです。 三軒茶屋駅から徒歩3分のところにある三茶はりきゅう院で鍼灸施術を行っています。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん、英: Gastroesophageal Reflux Disease、略称: GERD)は、胃酸や胃内容物が食道に逆流することによって引き起こされる消化器系の疾患です。通常、胃酸は胃内に留まり、食物を消化する役割を果たしますが、GERDの場合、この胃酸が食道に逆流してしまいます。これは、食道の内壁に炎症を引き起こし、さまざまな症状を引き起こすことがあります。

症状

逆流性食道炎(GERD)の症状は、個人によって異なることがありますが、一般的な症状は以下の通りです:

胸焼け(ハートバーン): 最も一般的な症状で、胸部に燃えるような不快感や痛みを感じることがあります。この痛みは胃酸が食道に逆流することによって引き起こされます。胸焼けは食事後や寝ているときに悪化することがよくあります。

喉の痛みや咳: 胃酸が喉に逆流することで、喉の炎症や痛み、慢性的な咳が生じることがあります。特に夜間に喉の症状が悪化することが多いです。

声の変化: 声帯に影響を及ぼすことがあり、声がつぶれたり、変調が生じたりすることがあります。

食道痛: 食道内壁に炎症が生じることがあり、食べ物の嚥下時に痛みや不快感を感じることがあります。

吐き気または嘔吐: 逆流が胃に戻ることで、吐き気や嘔吐の症状が現れることがあります。

食欲不振: 逆流によって食事が不快に感じられ、食欲が減少することがあります。

不快な胃の感覚: 上腹部や胃部に不快感や圧迫感を感じることがあります。

頭痛: GERDの症状が頭痛を引き起こすことがあることが報告されています。

これらの症状はGERDの典型的なものですが、すべての患者が同じ症状を経験するわけではありません。また、症状の重症度も異なります。一部の人は軽度の症状しか経験せず、他の人は重度の症状や合併症を持つことがあります。

原因

逆流性食道炎(GERD)の原因は、胃酸や胃内容物が食道に逆流することに関連しています。以下に、GERDの主な原因とリスク因子をいくつか示します。

食道括約筋の弱化: 食道と胃を区切る括約筋(下部食道括約筋)の弱化が主要な原因の一つです。この筋肉は、胃酸や胃内容物が逆流しないように閉じる役割を果たしています。括約筋が弱まると、胃酸が食道に逆流しやすくなります。食道括約筋の弱化は年齢とともに自然に進行することもあります。

胃酸の過剰分泌: 胃が過剰に酸を分泌する場合、胃酸が食道に逆流しやすくなります。これは胃潰瘍、ゾリンジャー・エリソン症候群などの状態に関連していることがあります。

胃内圧の上昇: 腹部圧力が上昇することで、胃酸が食道に逆流しやすくなります。肥満、妊娠、過度な腹部の脂肪、重い持ち上げ作業、コルセットの着用などが圧力の増加を引き起こす要因となります。

食事とライフスタイル: 特定の食事習慣やライフスタイル要因もGERDの原因となります。これには、大量の脂肪を含む食事、カフェイン、アルコール、シトラスフルーツ、トマト、チョコレートなどが含まれます。また、寝る前に食事を摂る、寝ながら胃酸を逆流させること、タイトな衣服の着用、喫煙などもGERDのリスクを増加させます。

妊娠: 妊娠中、胎児の成長と子宮の拡大に伴い腹部圧力が増加し、GERDの症状が現れることが一般的です。これは通常、出産後に症状が改善します。

薬物: 一部の薬物、特に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、アスピリン、抗コリン薬、カルシウムチャネル遮断薬、骨粗しょう症治療薬などは、GERDのリスクを増加させる可能性があります。

GERDの原因は個人によって異なることがあり、病歴や生活スタイルによっても影響を受けます。

逆流性食道炎に鍼灸は効果的?

予約スタッフ画像

はじめての方も安心の返金保証制度をご用意しております。
たった一度のご来院でも、我々の専門知識と確かな技術でお客様のお悩みの症状に対する概念を、きっと変えられると思ってます。
是非一度お気軽にご相談ください。

03-6805-5351 予約確認